AGAは早期治療が大切

2016-07-10_183156

AGA(男性型脱毛症)治療について調べてみると、よく目にするのが「早期治療の重要性」でしょう。なぜAGAは早期治療すべきなのか?その理由を理解するには、ヘアサイクルを知ることが不可欠です。

髪の毛の成長は常に一定のサイクル、成長、退行、休止のサイクルを何度も何度も繰り返しています。これを一般的に「ヘアサイクル」というのですが、人間の細胞は40回から50回分裂したら終了してしまうのと同様に、このヘアサイクルも毛母細胞が40回から50回細胞分裂したら終了してしまうんです。

普通の健全な毛母細胞であればヘアサイクルが一周するのに2年から6年要します。となると、少なくとも2年で40回細胞分裂をする場合、毛母細胞の需要はおよそ80年あることが分かります。まぁ、およそ人間の寿命と一緒ということが分かりますよね。

でも、AGAを発症するとこのヘアサイクルに異常が現れ、一周する期間がどんどんどんどん短くなってしまうのです。つまり、AGAを発症してしまうと毛母細胞の寿命がみるみるうちに減少してしまうわけです。AGAを放置し、そのまま毛母細胞の寿命が尽きてしまうと、もはや手の施しようが無くなってしまうのです。

だから、AGAの治療は早期が肝心なんです。とにかく毛母細胞の寿命を少しでも長く保たないといけないんです。

AGAは進行形の症状ですから、放っておけば症状は悪化するばかり。気づいた頃には取り返しのつかに状態になることも有りますから、「髪が薄くなったかな!?」と思ったら、先ずはAGAを疑ってみましょう。

イクオス 効果口コミ※実際に3ヶ月以上使ってみた感想です

薄毛は男系と女系と系別に遺伝するの?

2016-06-13_131508

うちの母方の祖父は、かなり若い頃から髪の毛が薄くてーというよりほぼ禿げてる状態―だったようで、古いセピア色になった写真にも光った頭が写っていました。母の弟である叔父は、若い頃h本当に噛みの量が多くてさらに剛毛だったのがまるで嘘のように、40歳を越えたぐらいから見る見るうちに薄毛になっていきました。逢う度に髪の毛がなくなっていくので、声のかけようもなかったぐらいです。

70歳を超えた今では、すっかり祖父生き写しのような感じになって、殆ど髪の毛はありません。そのうえ、最近兄までも薄毛になってきて、心なしか祖父に似てきたように思えます。さらに、我が家のアラサーの息子の額が少し広くなってきているようで、本人はかなり気にしています。

親子や隔世遺伝なんて言う話は良く聞きますが、ここまで行くともしかしたら男系・女系と薄毛が続く何か理由のようなものがあるのかとさえ思ってしまいます。

母や私には、今のところ祖父の薄毛の影響はありませんし、髪の毛は女性ホルモンとの関係が深いと言う話をよく聞きます。ホルモンの関係で私たち女性陣には症状が出ないのかもと思わないでもないです。でも、男性陣にばかり薄毛が継承されていくのを見ていると、うちの場合は男性が薄毛になる家系なんじゃないかという気持ちが一層強まってきています。

ちなみに主人の方は、祖父母も父母も白髪こそあれ髪の量に普通ですので、息子には私の方の遺伝がきつく出ているのかもしれません。本人は「そんな所だけ、田舎のひぃお爺ちゃんに似て貰ったら困る!」と言って現在必死に否定していますが。

薄毛の始まりと客観的視点

まだ髪の毛が大量にある頃、前髪がおでこに降りてくるのが嫌だったので手で髪をかき上げる癖がありました。髪質が直毛ストレートではなく癖毛ですから、かき上げると一定時間はずっとそのままの状態をキープしてくれます。イメージとしては、おでこの真ん中に手の平をおいて垂直に後ろへ頭頂部まで髪を持って行く感じです。

自身のそのような癖が身についてから3年くらい経過した時、知人から「あれ?少し分け目のところ薄くなってきてない?少し目立つからたまには分け目変えたほうがいいよ」と初めて指摘をされました。ですが髪の量はフサフサで当時は薄毛など気にも留めてませんから、自分で分け目を鏡で確認することもなく知人の指摘をなんとも思わなかったのです。

2016-06-13_131254

その翌年くらいから、仕事の関係上で帽子やヘルメットを装着する機会が増え髪を露出する機会が減り長年の癖であった髪をかき上げる行為は自然となくなっていったような気がします。ただ同時にその頃から、親が部屋を掃除する際に「あんた、なにこの抜毛の量は!?」と毎回指摘し「ちゃんと髪洗ってるの?」とまで言われる日々が続きました。もともと自身が潔癖な傾向がある為、学生時代からよほどの風邪でもひかないかぎりは毎日欠かさず洗髪していたのです。そこまで相手から指摘されても髪の量は多い為、あまり薄毛への危機感を持っていません。

長年の癖は消滅したように感じても、たまに無意識のうちにしてしまうものです。今思えば、親にひどく指摘され始めたこの頃から髪を無意識にかき上げるとパラパラパラと1本、2本、3本次々おでこに髪の毛が降りてくる感触があった気がします。忙しすぎる毎日で自身の髪に関心が向かなくなっていましたが、あの時の感触こそ、かき上げた髪が癖を維持できないほど髪質が弱くなっている証明であり、薄毛進行中を知らせる合図であったのです。もっとそれ以前に分け目を指摘された時にはもう始まっていたのかもしれません。

これは私の場合ですが、自身でも認識できるほどのあからさまな薄毛になってからでないと危機感を持つのは難しいと思いました。

抜け毛の量が多いことにストレスを感じています

抜け毛の量が多いことで悩んでいます。シャンプーとトリートメントを流すときに、排水口に大量に髪がたまります。髪を洗う前に丁寧にブラッシングしていても、抜ける量を抑えることができないので、どうしたらいいのか分からなくなるからです。一度目の洗髪のときのみなら、多少抜ける量があっても不思議ではないのかもしれません。でも、私の場合は、事前に髪をほぐしていて、しっかりけずっているのにも関わらず、シャンプーで大量に抜けるので、悩まずにはいられません。

トリートメントであれば、洗っているわけではないので、抜ける量は普通であればそんなにないものです。それなのに私は、ダメージ専用のケアでも、かなりの量が抜けてしまいます。こんなになってしまう原因は必ずあるはずだと思いました。もしかしたらシャンプーとトリートメントが合わないのかもしれない、と考えたのでノンシリコンタイプからシリコン入りのものなど、かなりの種類を試してきました。それでも抜け毛の量は相変わらずです。

2016-06-13_131015

頭皮と髪のどちらにも問題があって抜け毛が多いのだろうと思ったので、マイナスイオンドライヤーを使うようになりました。それでも、やっぱり抜ける量はそんなに変わったわけではないです。ヘアカラーが原因かもしれない、頭皮に相当な負担がかかっていて、抜け毛が毎日すごいのかもしれない、と思ったので、今度は染めることを半年休みました。それでも、抜ける量は減りません。

喫煙の生活習慣が悪いのか、飲酒が影響しているのか、食生活に問題があるのかもしれないと生活を振り返りながら考えています。何も原因がなければ、抜け毛が多いということにはならないからです。一つずつ、抜け毛の原因の可能性を潰していくしかないのかもしれないです。

これから若ハゲで悩むことになりそう

2016-06-13_130801

フサフサな髪が自慢でしたが、20代半ばに差し掛かってきたころを境に若ハゲの脅威が音を立てて忍び寄ってくる気配を感じています。毎日ストレスが溜まる一方で発散できないまま数年間を生きてきたら、髪の毛のボリュームがなくなってきました。

最初は散髪屋のお兄さんが髪を切りすぎてしまったのだろうと思いましたが、何度もヘアスタイルを変えているうちに困ったことになっていると自覚したのです。気分転換を兼ねてソフトモヒカンという髪型に挑戦してみたとき、昔よりも髪が薄くなっていることに初めて気付きました。頭頂部はボリューム不足なだけですが、右こめかみ周辺の髪が左に比べてかなり薄くなっていました。

鏡を見て顔が青ざめた私は、髪が薄くなった部分を何度も触ることになります。すると、昔なら思い切り引っ張らなければ抜けなかった髪がいとも簡単に頭皮から離れてしまいました。ますます薄毛が進行していることを思い知らされたので、若ハゲの恐怖に怯えながら暮らす毎日です。

貧乏なので育毛剤を買うお金がありませんから、昔のように髪がフサフサになるというミラクルが起こることを期待しています。現実的にありえないかもしれませんが、ネガティブことばかり考えていると余計に薄毛が酷くなりそうなので無理やりポジティブシンキングを繰り返しているのです。早くたくさん稼げるようになって育毛剤を購入し、若ハゲの悩みで頭を抱えない毎日を過ごせるようになりたいというのが本音です。