AGAは早期治療が大切

2016-07-10_183156

AGA(男性型脱毛症)治療について調べてみると、よく目にするのが「早期治療の重要性」でしょう。なぜAGAは早期治療すべきなのか?その理由を理解するには、ヘアサイクルを知ることが不可欠です。

髪の毛の成長は常に一定のサイクル、成長、退行、休止のサイクルを何度も何度も繰り返しています。これを一般的に「ヘアサイクル」というのですが、人間の細胞は40回から50回分裂したら終了してしまうのと同様に、このヘアサイクルも毛母細胞が40回から50回細胞分裂したら終了してしまうんです。

普通の健全な毛母細胞であればヘアサイクルが一周するのに2年から6年要します。となると、少なくとも2年で40回細胞分裂をする場合、毛母細胞の需要はおよそ80年あることが分かります。まぁ、およそ人間の寿命と一緒ということが分かりますよね。

でも、AGAを発症するとこのヘアサイクルに異常が現れ、一周する期間がどんどんどんどん短くなってしまうのです。つまり、AGAを発症してしまうと毛母細胞の寿命がみるみるうちに減少してしまうわけです。AGAを放置し、そのまま毛母細胞の寿命が尽きてしまうと、もはや手の施しようが無くなってしまうのです。

だから、AGAの治療は早期が肝心なんです。とにかく毛母細胞の寿命を少しでも長く保たないといけないんです。

AGAは進行形の症状ですから、放っておけば症状は悪化するばかり。気づいた頃には取り返しのつかに状態になることも有りますから、「髪が薄くなったかな!?」と思ったら、先ずはAGAを疑ってみましょう。

イクオス 効果口コミ※実際に3ヶ月以上使ってみた感想です